大人なら知っておきたい!結婚式のマナーあれこれ

意外に知らない服装マナー

結婚式に着ていく服には、しっかりとしたマナーがあります。知らないと自分が恥をかくだけではなく、新郎新婦に嫌な思いをさせることがあるので、しっかり知っておきましょう。まず、白系ドレスはNGです。白は花嫁だけの特別な色。ゲストがそれを纏うのはマナー違反です。クリーム色や薄いピンクなども避けた方が無難です。ミニ丈や肩が出ているなど、露出の多い服装もいけません。また、パーティなどで着るキラキラしたドレスもNG。フォーマルさを忘れないようにしましょう。

小物も意外にタブーが多い

服だけではなく、バッグや靴などにも気を配る必要があります。ファーや蛇革、ワニ革のバッグは「殺生」をイメージさせるので、結婚式の場ではマナー違反になります。また、ビニールや綿素材のものもカジュアルすぎるのでNG。場に合ったものを選びましょう。意外に知らないのが靴の選び方。ブーツやつま先が出るタイプのパンプスはフォーマルではないのでマナー違反となります。かかとのないミュールやサンダルも同様の理由でNG。また素足は避け、肌色のストッキングを履くようにします。

髪形にも気を配りたい

結婚式はフォーマルな場なので、髪形にもしっかりと気を配りましょう。一番目に入る場所なので、きちんとルールを守ることが大切です。避けた方がいいのが髪を結わずにおろすダウンスタイル。上手にセットすれば綺麗に見えますが、「セットされていない」ように見えてしまうこともあるので避けた方が無難です。かといってひっつめにするのも場になじみません。自分でセットするのが難しいときは美容院にお任せするのが、一番失敗が少なく済む方法です。

福岡の結婚式場を効果的に見つけるために、早いうちからいくつかの式場の見学に参加をすることがとても大事です。